本当に怖い煙突火災の話し

煙突火災のメカニズムは正確にはわかっていないのですが、未乾燥な薪を燃焼させたり、炉内を低い温度で燃焼し続けたときに発生する煙が、煙突内で冷やされ結露し、クレオソート・タールとなって、これに引火して起こるとされています。また、正しく薪ストーブを燃焼させていても、長年煙突掃除を怠れば発生させてしまいます。

煙突火災の燃焼温度は1000°にも達するといわれ、非常に危険です。発生音も急激に燃えあがるため轟音となり、室内の煙突がシングル煙突の場合は高温で真っ赤になる事もあります。煙突トップからは炎を吹き上げます。

この炎を見たユーザーはびっくりして火事だと思って消防車を呼ぶケースも珍しくありません。また、ユーザーより先に近隣の方が先に見つけ消防署に連絡することもあります。自分の家の煙突から炎が噴きあがっている状態を想像してみて下さい。考えただけでも背筋がゾッとする話しです。

煙突火災は専門家が使用する断熱二重煙突を使用していれば、家の火災に直結することはまずありません。断熱煙突の性能基準は煙突火災を想定したものですから、これだけでは火事に繋がりません。しかし、施工状態が悪ければ重大な事故になりかねません。経験ある薪ストーブ屋であれば、必ず煙突火災を視野に入れ設計するはずです。万が一煙突火災が発生したとしても建物への影響は免れるはずなのです。

ところが、この煙突火災に関しては、薪ストーブのネガティブな要素なため、あまり多く説明しない薪ストーブ屋や危険性を深く認識していない薪ストーブ屋も多くいるようです。また、原因が使用方法にあるため簡単な注意喚起だけで済ませてしまうケースもあるようです。

長年薪ストーブ屋をしていると、残念ながら自社のユーザーさんから「煙突火災を発生した」という報告を受けます。私の店でも過去数名煙突火災を発生させています。皆さんその恐ろしさに震え上がるようです。数年前にまさに煙突火災が発生している最中に電話をいただいた事があります。そのリアルな状況は電話口からも想像でき強く印象に残っています。

キャリアのある薪ストーブ屋ほど煙突火災には神経を使うはずです。煙突火災の原因が薪や燃焼方法にあるとしても、私は薪ストーブ屋として充分な注意や情報をユーザーに伝えるべきと考えます。

煙突火災をひとたび起こせば、近隣からの薪ストーブのイメージはひどく悪いものになるでしょう。薪ストーブ屋としてはとても残念なことです。煙突火災は正しい使用方法と専門家による定期的なメンテナンスや点検で防げるものです。皆さんくれぐれも注意して下さい。


HOME

薪ストーブと災害

都会における薪ストーブ

薪ストーブとは長いおつきあい




筆者:鷲巣 勤プロフィール

薪ストーブショップ『ブロス』のオーナーとして薪ストーブの世界にかかわること25年あまり。自宅ではバーモントのアンコールを使用。横浜店ではモルソー・7140を、山中湖店ではデファイアントとヨツールF500を楽しんでいる。