なんと言っても、正しい使い方を!

薪ストーブを導入したばかりの頃は、慣れないことずくめです。着火もうまくいきませんし、コンディションの良い適正な薪もストックできていないので、ホームセンターで買ってきたりします。しかしホームセンターの薪が、良い薪である保証はありません。薪ストーブの使い始め直後は、空気の調節も上手くいかないし、不完全な燃焼状態を起こしてしまいます。そして、どんな燃え方が正しくて、どんな燃え方が良くないのかも分からないのが実情です。

不完全な燃焼の場合、薪ストーブのガラス面がすぐに真っ黒にススけてしまうので、一つの目安になります。高温で調子よく燃えているときは、ガラス面もそれほど汚れません。(1日中使っていれば、多少はススけますが……)

使い初めのころは、「煙が部屋へ逆流する。煙突が詰まったのでは?」というトラブルがとても多いものです。未乾燥な湿った薪を燃やし続けたり、低い温度で燃焼した結果、煙突トップにススが詰まってしまうのです。私が説明すると大抵、「そんなに燃やしていないのに……」と言われるので、屋根にのぼって煙突のトップをはずしてみると、すっかり詰まってしまっています。そこでやっと「本当だ!」とびっくりされます。不完全な燃焼方法では1ヶ月で煙突トップを詰まらせてしまいますが、良い燃焼であれば1シーズン問題なく使用できます。その差はびっくりする程あるものです。

外気温が低いと、煙突内の熱い空気が冷たい外気に強く引っ張られるので、寒い日のほうがストーブはよく燃えます。逆に暖かい日は、空気の量などをうまく調節しないと、なかなか排気がスムーズに行われません。やはり都会は暖かいので、排気がうまくいかない例が多いように感じます。何度か使っているうち、自分の薪ストーブのコツがつかめるようになりますから、最初は確実に乾いた薪を燃やしましょう。時には煙突を着火剤などで暖めてから薪に着火するのも有効です。それから、着火時には室内の換気扇を回さないように! 空気が逆流して室内に煙が入ってきてしまうことがあります。現在の住宅は非常に気密性が高いので、2階のトイレであっても影響を受けてしまいます。

アメリカ環境保護庁(EPA)も呼びかけていますが、塗装してある建材や、化学処理された木材(例えば防腐処理されたデッキ材や、接着剤が多量に含まれる合板、集成材など)は絶対に燃やさないでください。薪ストーブや煙突に負担をかけるだけでなく、大気中に有害物質をまき散らすことになります。また、燃えるときの匂いも、薪とは違って酸っぱいような、非常に不快な匂いがする場合があります。

薪は広葉樹が燃焼に適しています。針葉樹(松・杉など)は火持ちが悪いため燃費が悪く、臭いもきついのが特徴です。加えてススや煙を多く発生します。薪は乾燥させる事がとても重要です。薪は、割ってから乾燥まで最低1年は要します。含水率でいえば20%以下が適正とされている乾燥状態です。

薪を未乾燥の状態で使用すると、水蒸気が燃焼過程でスス等の残留物質と混合され煙突内で結露し、いわゆるクレオソート・タールとして付着します。クレオソート・タールは油性の液体ですが、冷やされると堅くガラス状に凝結し煙突ブラシ程度ではなかなか除去できません。

このクレオソート・タールに薪ストーブの炎が引火して煙突内で燃えあがる状態が、次章で話す「煙突火災」と言われる非常に恐ろしい現象です。私の店ではお客様への使用説明の際には、必ず煙突火災の話しをします。煙突火災がいかに恐ろしく危険であるか説明し、薪ストーブの薪は必ず乾燥させて使用することを伝えています。


HOME

薪ストーブと災害

都会における薪ストーブ

薪ストーブとは長いおつきあい




筆者:鷲巣 勤プロフィール

薪ストーブショップ『ブロス』のオーナーとして薪ストーブの世界にかかわること25年あまり。自宅ではバーモントのアンコールを使用。横浜店ではモルソー・7140を、山中湖店ではデファイアントとヨツールF500を楽しんでいる。