それでも火災は怖いから・・・・・・

火を使う道具である以上、一番怖いのは火災ですね。どんなに便利な道具、安全な暖房器具にも、必ずリスクはあります。薪ストーブも同様に利点と弱点があります。

東日本大震災と、その後の計画停電の時、電気を使うエアコンやファンヒーターが使用できなくなった一方で、薪ストーブは何の不自由もなく、使うことができました。(えっ、薪ストーブってコンセントいらないの?なんて言っている方、いないですよね!) 計画停電が行われた時期は春先でしたが、東京・横浜ではまだまだ暖房が必要な時もありましたので、ユーザーさんからは、「薪ストーブがあって、本当に良かった」「いざとなったら料理もできる。湯も沸かせる。明かりにもなる。とても心強かった」という声もたくさん届きました。一方、「スイッチをポンと押せば火が消える」、あるいは「大きく揺れると火が自動で消える」という安全機能は、薪ストーブにはありません。

地震による直接被害で最も多い原因となるのは、落下物です。地震の際は、まずは自分の身の安全を確保し、上からの落下物のない場所に逃げるのが鉄則です。そして、火災や爆発は、二次災害と言われるものです。最近では、ほとんどのガス器具や暖房器具には、自然消火装置が付いていますから、コンロの火よりも怖いのは天ぷらを揚げている時などで、油がこぼれると引火したり火傷を負ったりします。

薪ストーブも、炉内の火そのものよりも、まずは周囲に気をつけましょう。薪ストーブの上に乗っているヤカンのお湯がこぼれたりすれば危ないですし、薪ストーブの周囲の物も熱を帯びています。慌てて素手で触ったりすれば、火傷をします。急いで火を消そうとしたりせず、まずは揺れが収まるのを待つのが得策です。

地震で大きく揺れている最中、薪ストーブの中で炎がメラメラと燃えている……というのは、確かに怖い状況かもしれません。しかし前の章でも書いた通り、薪ストーブそのものが揺れる、倒れるということは、あまり考えられません。万が一、揺れたとしても、扉がしっかり閉まっていれば、燃え盛る薪が周囲に飛ぶような事態も起こらないでしょう。(扉にガタつきがあるようでは、心配です。すぐメンテナンスしましょう)

周囲にある燃えやすいものが、薪ストーブに倒れかかって、火が出る……ということはありそうです。普段から薪ストーブのそばに燃えやすいものは置かないというのはあたりまえですが、地震で棚の上の本や紙、引火しやすいビニールなどが落ちたりすることも考えられます。そんなときは、慌てずに薪ストーブから遠ざけましょう。

煙突がはずれる、あるいは曲がるなどで、煙突の途中から熱や煙が出てしまう……という状況も考えられます。こんな場合、燃えているのは薪ストーブの炉内にある薪だけです。煙突内には燃える物がありませんから、熱や煙が出ても火は出ないはずです。とは言え、備えあれば憂いなし、薪ストーブのそばに消火器を1本用意されることをお勧めします。もし薪ストーブが高温で燃えていれば、水をかけたくらいでは火は消せません。考えたくない事態ですが、万が一、煙突がはずれたりして炎が家に引火してしまったとき、消火器があれば消せるかもしれません。また、逃げる時間がかせげます。しかし急激な消火は、薪ストーブや煙突に大きなダメージを与えますので、ご承知ください。

先ほども書きましたが、今回の災害時、私が知る限りですが薪ストーブは危険性よりむしろ利便性が注目されました。なんといっても電気が無くても使える、煮炊きもできる、化石燃料に頼らないのでライフラインが途切れた時でも安心、引火性のある燃料のストックも必要ない、などなど。震災やその後の原発事故などをきっかけに、自然エネルギーを見直す気運はますます高まっています。

薪ストーブを買われる方々も、暖かさや洋風のイメージ、おしゃれでナチュラルな生活のイメージだけで選ぶというより、さまざまな条件を検討し、シビアな目で選ばれる方が増えているようにも感じます。薪ストーブの良さに惚れこんでいる人間としては、嬉しい限りです。

HOME

薪ストーブと災害

都会における薪ストーブ

薪ストーブとは長いおつきあい




筆者:鷲巣 勤プロフィール

薪ストーブショップ『ブロス』のオーナーとして薪ストーブの世界にかかわること25年あまり。自宅ではバーモントのアンコールを使用。横浜店ではモルソー・7140を、山中湖店ではデファイアントとヨツールF500を楽しんでいる。